研究課題一覧

分子情報システム研究室の卒業論文題目一覧

平成28年度
  *原子フラグメント法による分子屈折推算プログラムの開発(高橋洸樹)
  *分子グラフの疎水性領域表示プログラムの開発(石川翼)
  *KNApSAcKデータベースのNTG分布解析(今井理輝)
  *分子行列の固有値と化合物の沸点に関する研究(山下希流)
  *Morganアルゴリズムを利用した分子グラフの対称性の認識(松本卓也)

平成27年度
  * 研究成果データベースシステムの改良(石井秀昇)
  * ToxCalcのためのデータインポートプログラムの開発(泉原拓)
  * 分子グラフのラプラシアン行列を用いた分離構造の検出(佐藤充)

平成26年度
  * 分子グラフの自己同型群とトポロジカルシンメトリー(菊地亮太)
  * 水素省略分子グラフから分子式・分子量を算出するプログラムの開発(立田大)
  * 原子中心フラグメント解析プログラムの開発(古川大)
  * 物理化学特性空間における原子の類似性解析と可視化(村上昂平)

平成25年度
  * Fragment Molecular Connectivityの算出と応用(稲垣孝隆)
  * Self-avoiding path の数え上げプログラムの開発(岩元あすみ)
  * 数理化学ツールMatChemの改訂(富田智大)

平成24年度
  * 原子中心フラグメントの解析と応用(池上裕二)
  * 分子グラフの距離行列の計算とグラフ特性量(森亮真)
  * 2-Way TFSの描画ツールの開発(山根勁)

     

分子情報システム研究室の修士論文題目一覧

平成28年度
  * TFS-PLS法を用いたActive QSARモデリングによる化学物質の魚毒性予測(菊池亮太)
  * 活性活性相関を用いた化学物質の環境毒性予測に関する研究(立田大)
  * 原子フラグメント法を用いた化学物質の魚毒性予測に関する研究(古川大)
  * 分子行列の固有ベクトルと分子内局所環境に関する研究(村上昂平)

平成27年度
  * Active QSARモデリングを用いた生態環境毒性予測システムの開発(稲垣孝隆)
  * 化学物質の構造特徴解析に基づく化学クラスの自動識別に関する研究(岩本あすみ)

平成26年度
  * 原子フラグメント法を用いた化学物質の魚毒性予測:汎用パラメータと個別パラメータ(池上裕二)
  * 分子行列の固有ベクトルと分子内局所環境の相関(森亮真)
  * 自己組織化マップを用いた薬物骨格構造と活性地図の作成(山根勁)

平成25年度
  * 分子行列の固有ベクトルを用いた分子内局所環境の数値表現に関する研究(齋藤佳介)
  * Active QSAR モデリングの改良と化学物質の魚毒性予測への応用(山崎友也)

平成24年度
  * 分子ミュージックに関する研究 -調性の導入による構造類似性の反映-(荒井研介)
  * NTGスーパーグラフの生成と部分グラフ分解に基づく薬物リード骨格構造の探索(大西貴之)
  * 分子進化計算システムの開発:目標構造再現実験モジュール(守國拓史)

ページのトップへ戻る